通勤カバンをバックパックにするメリットを挙げるよ

 

エソラコトナリです。

ずっと気になってたバックパックをついに手に入れました。

早速バックパック通勤してみたら、あまりに快適だったのでメリットを挙げておきますね。

 

身体で持つから軽い

僕は毎日、弁当箱に水筒2本、Kindle Fire、折り畳み傘まで持ち歩いてます。

だからカバンが重い重い。特に朝は酷いもんです。

これがバックパックにした途端、今までの苦しみは何だったんだというくらいに軽い。

子供をエルゴで抱っこした時と同じくらいの衝撃でした。

「手で持つ」から「身体で持つ」に変わることでこれほどまでに重さを感じなくなるんですね。

 

両手が自由になる

今までは確実に奪われていた片手の自由。

バックパックで自由になった両手は手持ち無沙汰を感じるほどでした。

意味もなくヴァンダレイの真似をしたくなります。

そんで自由になった両手で何をするかと言うと「振る」んです。

両手を振って歩くんです。

この当たり前の動作が通勤において実現したことに軽いショックを受けました。

信号待ちの時のスマホ操作もスムーズになりましたね。

僕のiPhoneは片手で操作するのは大きすぎるので、これはとても助かります。

 

歪みがなくなる

重いカバンを右手、左手と持ち替えて歩いてると身体はどんどん歪んでいきます。

僕が左足首にいつも張りを感じるのは、おそらく右手で重い荷物を持つからなんでしょう。

バックパックに変えることで重さは正中線上にやってきました。

急に真ん中にやってきたバランスにまだ違和感もありますが、これからどんどん歪みが回復していきそうです。

 

横幅が肩幅になる

大阪の道幅は恐ろしく狭いです。

なので帰宅ラッシュ時間帯はとにかく人とすれ違うストレスがスゴい。

カバンを手に持ってると横に広がってぶつかりやすいので前に出したり後ろに回りしたり。

バックパックだと自分の肩幅が最大の横幅です。

基本的にまっすぐ歩いてればぶつからないのでストレスが激減しました。

 

ガチで歩ける

ここまで挙げたメリットはすべて快適に歩くことにつながります。

身体は軽く、両手も振れる。

バランスも良く、すれ違う人にカバンをぶつける危険も低い。

ガシガシ前進できますよ。

通勤時にガチで歩けるんです。

移動というよりもはやスポーツ。

もちろんガチで歩く時に普通の革靴はダメですよ。

テクシーリュクスのような「実は中身はスニーカー」と言える革靴を履きましょう。

 

機能性を取り入れよう

ビジネススタイルはどんどんカジュアルに向かってます。

そこでオシャレに気を遣うのもいいですが、取り入れるべきは機能性なんです。

ネクタイを代表としてビジネスには機能性とは程遠い無用の長物が満載。

自分に火の粉が降りかからない程度に、どのくらい毎日に機能性を取り込めるかが大事なんです。

そうすることで頭や身体のコンディションを高いレベルに保つことができます。

まずはバックパック通勤をはじめてみませんか?

 

ラジオもどうぞ

この話はラジオでもしゃべったのでよければ一緒に。

ABOUT

エソラコトナリ

生まれながらのフィクション好き。ラジオ・ブログ・YouTube(玩具レビュー・ゲーム実況)でフィクション愛を語ります。一発どりのラジオは配信400回⬆︎ 玩具レビューのフィギュアハイは登録者7,000人⬆︎文章は書かないが今日もよくしゃべるブロガー