絵本ナビ歴5年、我が家には70冊16万円の絵本が届いてた

 

エソラコトナリです。

ふと思いついて絵本ナビの購入履歴を確認してみました。

なんと我が家には16万円ぶんもの絵本が届いていたんです。

 

5年で70冊16万円

絵本ナビの『絵本クラブ』は毎月子供の年齢に合わせた絵本が送られてくるブッククラブの一つ。

我が家は息子が1歳になった時にはじめたのでちょうど5年経ちました。

基本は月2冊で、3冊送られてくるときもあります。

絵本ってちょっとお値段高めなんですよね。

このあいだ3,948円の明細を見てゲフッてなりました。

年齢とともに絵本の単価が上がってるのか支払い金額の平均はこんな感じ。

  1. 1年目・・・月2,402円
  2. 2年目・・・月2,439円
  3. 3年目・・・月2,637円
  4. 4年目・・・月2,869円
  5. 5年目・・・月2,925円

 

改めて見ると金かかってんなぁと感じます。

 

自分も絵本を好きになる

それでも退会しようと思ったことはただの一度もないですね。

毎月のように新しい絵本が届くんですから子供たちは大喜び。

毎回目を輝かせて読んでいます。

僕は絵本の効能についてはあまり意識してないんですよ。

大好きなストーリーが1つでも多くできれば、それだけで素晴らしいことですから。

効能を語るとすれば僕自身が絵本を好きになったこと。

この2冊なんかは一生モノと言い切っていいほど大好きになりました。

 

  • シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる

 

  • あな

 

絵本のインフラに使う

子供に絵本を選んであげるのは親の責務だって思ってる人もいるでしょうね。

でもそう思っている人にこそ直近5年の購入履歴をぜひ確認して欲しいもんです。

毎月2冊選ぶのって想像以上に大変なんですよ。

絵本クラブに入る前に大型書店に行って絵本を選んだときのことを今でも忘れません。

まるで海のような絵本の量に愕然としました。

ただ選ぶだけでも大変な労力なのに「質」なんて意識したら完全に無理ゲーですよね。

だからブッククラブを絵本のインフラに使うといいですよ。

質、量ともに十分なインフラが整ったら、あとは悠々自適に自分や子供が気に入った絵本を買い足せばいいんですから。

毎月のように新しい絵本を読んでいると知らぬ間に選球眼も鍛えられていきます。

決して安くはないですがめちゃくちゃオススメな子育て投資なんです。

よければ一緒に。

ABOUT

エソラコトナリ

生まれながらのフィクション好き。ラジオ・ブログ・YouTube(玩具レビュー・ゲーム実況)でフィクション愛を語ります。一発どりのラジオは配信400回⬆︎ 玩具レビューのフィギュアハイは登録者7,000人⬆︎文章は書かないが今日もよくしゃべるブロガー