176BPMのハイテンポでムズ気持ちいい!スマホ最高難度のリズムゲーム『Steps!』

 

エソラコトナリです。

前回紹介した『Chameleon Run』も難しいですが、『Steps!』はさらにその上を行きます。

でもこれが病みつきになるんですよ。

 

とっても可愛い

まずはステージ1のプレイ動画をどうぞ。音量大きめなのでご注意を。

Steps! Stage 1 gameplay

Steps! Stage 1 gameplay

なにはともあれグラフィックデザインがいいですね!

音符のキャラクターがとっても可愛いです。

僕もこの見た目にやられてついついダウンロードしてしまいました。

音符君はイラッとするはずの失敗もキュートに演出してくれます。

バラっとなるデス描写で幾度となく爆笑させられました。

なんでスポットライトw

 

 

だが鬼畜

でも可愛いのは見た目だけ。

ゲームデザインは鬼畜ゲーと呼ばれるほど激ムズ仕様です。

AppBankの記事によると最終ステージのクリア率はなんと0.14%!

今はステージ2ですら42%ってのも鬼畜と呼ぶに相応しい難易度ですね。

 

タップするか、しないか

操作はタップをするか、しないかのどちらかなんです。

それがなんでこんなに難しいのか。

ちょっと真面目に考えてみました。

 

まずは判定の複雑さを疑ってみます。

条件は方向・高さ・距離の3つ。

これを論理的に並べると、

  1. 次のステップの方向が「たて」:タップしない
  2. 次のステップの方向が「よこ」:保留
  3. 次のステップの距離が「近い」:保留
  4. 次のステップの距離が「遠い」:タップする
  5. 次のステップの高さが「低い」:タップしない
  6. 次のステップの高さが「同じ」:タップしない
  7. 次のステップの高さが「高い」:タップする

 

タップするかしないかは、実は遠いか高いかの2つだけなんですね。

え?なんでこれで難しいの?と思ってしまいます。

 

1ステップ0.3秒

次はテンポを疑ってみます。

メトロノームで測ってみると176 BPM(Beats Per Minute)でした。

なんと1ステップ0.3秒で移動しています。

単純に考えると0.3秒に1回、上に書いた判定を行う必要があるわけです。

これは普通の人の処理脳力ではたぶん無理ですね。

難しさはこのテンポにあると見てよさそうです。

 

だが快感

圧倒的な難しさを作り出すテンポですが、それだけではないんです。

176BPMというハイテンポはこのゲームの核になるアイディア。

難しさと同時にやめられない快感も作り出しているんです。

とにかくテンポに合わせて音符君をぴょんぴょんさせてるだけでも妙に気持ちいいんですよ。

音楽的なことはよくわからないですが、最終的に生み出されるサウンドに中毒性があるらしく。

ただでさえ高揚感のあるリズムに合わせて難しいステップを踏めたら、そりゃもう脳からいろいろ出るんでしょう。

病みつきになるわけです。

いま僕はクリア率3.5%のステージ7に挑戦中です。すでに200回以上失敗してます…

よければ一緒に!

 

ABOUT

エソラコトナリ

生まれながらのフィクション好き。ラジオ・ブログ・YouTube(玩具レビュー・ゲーム実況)でフィクション愛を語ります。一発どりのラジオは配信400回⬆︎ 玩具レビューのフィギュアハイは登録者7,000人⬆︎文章は書かないが今日もよくしゃべるブロガー