色と移動は両立が難しい!脳の弱点を突いてくるランゲーム『Chameleon Run』

 

エソラコトナリです。

ここ3ヶ月で一番ハマったスマホゲームです。

スーパーマリオランは1-3で止まりましたが、カメレオンランは止まりませんでした。

 

ルールは単純

なにはともあれトレーラーを見てください。

Chameleon Run – Official Trailer
iTunes:

Chameleon Run - Official Trailer

 

簡単に説明すると、

  • キャラクターが自動で走るランゲーム
  • 画面右側をタップしてジャンプ、画面左側をタップしてカラーチェンジ
  • キャラクターと地面が違う色で触れたら死亡
  • 黒い地面に触れても死亡
  • もちろん落ちても死亡

ルールはいたってシンプルです。

 

移動を忘れ、色を忘れる

ところがこれ、死にゲーです。めちゃくちゃに難しい。

その大きな理由の1つが脳の弱点を突かれるから。

移動をすれば色を忘れ、色を変えれば移動を忘れるんです。

カラーバス効果なんてものがあるほど僕らは普段「色」に対してかなり無頓着なんですね。

だから超高速で移動するキャラクターを凝視しながらジャンプのタイミングを見計らっているときに、「はい、いま何色?」って問われてもぜんぜん意識が回らない。

かといって色に意識を集中させると、今度は障害物が目の前から消え去ります。

なのでリアルでカラーバスしながら全速力で走るのは絶対にやめましょうね。

こっちは一度死んだらゲームオーバーですから。

 

やり込み要素がたっぷり

ステージ数は少ないですが、やり込み要素がたっぷりです。

1つのステージにつき、3つのミッションが準備されています。

  1. マーブルを全部取る
  2. スモーキングクリスタルを全部取る
  3. 色を変えずにゴールする

たとえば2-1のスモーキングクリスタルを全部取るとこんな感じ。

Chameleon Run Ⅱ-1 All-Crystals
2-1 All Crystals 苦戦したぁ。

Chameleon Run Ⅱ-1 All-Crystals

 

腕に覚えがある人はタイムアタックをどうぞ。

Chameleon Run Ⅰ-14 3-stars 14.302s
1-14 ★★★ 14秒台でた。

Chameleon Run Ⅰ-14  3-stars 14.302s

あとから見ると自分でさえもう何をやってるのかわからないw

脳の弱点を克服しつつ、さらにギアを上げる必要があるんです。

 

通常は240円ですが、僕は無料期間中にゲットしました。

文句なしにオススメの一本です。

ABOUT

エソラコトナリ

生まれながらのフィクション好き。ラジオ・ブログ・YouTube(玩具レビュー・ゲーム実況)でフィクション愛を語ります。一発どりのラジオは配信400回⬆︎ 玩具レビューのフィギュアハイは登録者7,000人⬆︎文章は書かないが今日もよくしゃべるブロガー